各種防災イベント等のお知らせ

防災イベントの開催結果報告

令和4年3月9日から11日までの期間、市役所東庁舎1階防災展示コーナーにおいて、「災害から大切な命を守れますか?~もう一度大切なことを見直してみよう~」と題した防災啓発イベントを開催いたしました。

多くの方々に御来場いただき、誠にありがとうございました。

アンケートへの回答

イベントでは来場された皆様にアンケートをお配りし、「災害に対して今一番心配なこと」をお答えいただきました。

○「非常持ち出し袋や家庭内備蓄は、何をどれだけ用意すればいいの?」

災害に備えて、食料や水は最低3日分を準備しましょう。ただし、南海トラフ巨大地震では、被災地域が非常に広い範囲に及ぶことが予測されています。救援物資の到着がさらに遅れることも考えられることから、できれば7日分を備蓄しましょう。

『岡崎市防災ガイドブック』(裏表紙)に「非常持ち出し品・家庭内備蓄品」が紹介されています。備えをする際の参考にしてしてください。

『防災ガイドブック』はこちら

○「家具の固定について、何から手を付ければいいかわからない」

理想は全ての家具の固定ですが、まずは始めることが大切です。「寝室」「背の高い家具」など、取り組みやすいものから始めましょう。特に人が最も無防備な状態になるのは睡眠時です。家具の転倒防止はもちろんですが、「エアコンの下では寝ない」「出入り口付近に重い家具を置かない」などの対策も心がけましょう。

○「避難所・避難場所を確認したい」

避難する先は、地震時と風水害時で違うこともあると知っていますか?岡崎市では、地震を中心とした『岡崎市防災ガイドブック』と風水害を中心とした『岡崎市水害対応ガイドブック』を作成しています。避難所等の確認にご活用ください。

『防災ガイドブック』はこちら

『水害対応ガイドブック』はこちら

○「南海トラフ巨大地震について知りたい」

『防災ガイドブック』(7ページから8ページ)では、「地震のことを知っておこう!」として、南海トラフ巨大地震に関する情報を掲載しています。

『防災ガイドブック』はこちら

○「災害発生時の、家族との連絡手段を知りたい」

『水害対応ガイドブック』(53ページ)には、「災害に役立つ情報」として、「災害用伝言ダイヤル」や「災害伝言板」を紹介しています。災害時、ご家族等の安否確認にご活用いただけます。

『水害対応ガイドブック』はこちら

○「災害が発生したら、ペットはどうすればいいの?」

岡崎市動物総合センター・Animo(あにも)のホームページでは、飼い主とペットの命を災害から守る「事前の備え」、災害のあと生き延びるための備えとして「事後の対応」、飼い主自身による「自助」、避難所等での地域との協力による「共助」、市の役割である「公助」について、まとめたものを紹介しています。

「ペットの災害対策」はこちら(動物総合センターのホームページ)

また、次の講演会動画においても、ペットの災害対策について紹介されています。現場での活動を交え、ペットの飼い主さんだけでなく、飼っていない方にも役立つ内容です。ぜひ、ご覧ください。

「動物愛護講演会」動画はこちら(動物総合センターのホームページ)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。